イベント

【あったか~い鍋が食べたい!海鮮寄せ鍋・国産牛のもつ鍋・あんこう鍋「ほうせい丸」の鍋情報2020】

【あったか~い鍋が食べたい!海鮮寄せ鍋・国産牛のもつ鍋・あんこう鍋「ほうせい丸」の鍋情報2020】

昨日まで半袖で過ごしていた
ほうせい丸店主の浅野です。

今日はさすがに寒い一日でしたね。

こんな時は、やっぱり
あったか~い【鍋】ですね!

ようやく寒くなった所で
鍋物をメニューインします!

例年ですと
11/1からスタートしている鍋物ですが
温かい日々が続いていたので保留状態でした。

 

 

まずご紹介するのは
毎年ダントツ人気のド定番鍋。

人気ナンバーワン鍋【海鮮寄せ鍋】

色々な海の幸が一緒に食べられる
人気ナンバーワンの鍋ですね~♬

「寄せ鍋」は家庭でも
「よく作った鍋1位」

「家族に人気の高かった鍋3位」「今後食べたい鍋2位」
と頻度、 人気、 意向といずれも高い鍋ですからね。

「具材が豊富」
「栄養バランスがよい」
「魚介がおいしく食べられる」ことが魅力ですね。

宴会コースの選択率でもダントツ人気一位。
今年もやっぱり「寄せ鍋」で決まりでしょうか!

続いてご紹介する鍋は

甘い脂が堪らない!!【国産牛のもつ鍋】

こちらの「もつ鍋」もファンが多く
当店でも定番鍋になり宴会コースで年中やっています。

「もつ鍋」の最大のポイントは、
鮮度のよい国産牛の「生もつ」を使うことです。

「もつ」のぷりぷり感や、とろっとした甘さは、
ゆでて脂を落とした「ゆでもつ」では出せません。

「もつ鍋」は、口いっぱいにじゅわっ~とほとばしる
ぷるぷるっとした「もつ」の甘い脂が格別の美味しさです。

「もつ鍋」は、「もつ」がプルッと膨らむまで火を通せばOK。
煮すぎると美味しい脂が溶け出してしまい、
「もつ」がどんどんやせてしまうのでご注意!

「もつ」の脂やキャベツの甘みで
味わい深くなった「もつ鍋」の〆は

ラーメンがおすすめ!
もちろん雑炊でも美味しくいただけますよ。

そして最後は、

肝が溶け込んだ濃厚なスープ【あんこう鍋】

カニやブリも良いですが、
「あんこう」は水温が下がる冬に旬を迎えます。

また産卵を備えた「あんこう」は、
脂がのり、肝(あん肝)も大きくなります。

こってりとした「あん肝」や
プリプリの白身は冬の味覚そのものです。

見た目に反し、味よし栄養よし、
そして何よりも美容効果が高いアンコウ。

身は高たんぱくで低カロリー、
皮目にはコラーゲンがたっぷり、

海のフォアグラと言われる「あん肝」は
DHA・EPA・ビタミンA・ビタミンE・亜鉛が豊富で
美肌にもエイジングケアにも効果的な、スーパー食材です。

アンコウエキスたっぷりの出汁とねっとりとした食感と
コクが特徴のあん肝をブレンドしたスープが、

引き締まった新鮮なアンコウの身に
絡み合い極上の味わいを生み出します。

〆には、あん肝のコクと野菜の旨みが
凝縮したスープで作る雑炊も絶品です。

以上3鍋をご紹介しました。

寒くなるこれからの季節、
ほうせい丸の鍋であったまりましょう!!

ページ上部へ戻る