お知らせ

【《あがの夢うなぎ》 養殖場を見学して 実際に食べて来ました!】

**********************************
《あがの夢うなぎ》
養殖場を見学して
実際に食べて来ました!
**********************************

鰻といえば

「浜名湖産うなぎ」

「三河一色産うなぎ」

「鹿児島大隈産うなぎ」

「宮崎産うなぎ」

などが有名ですよね。

うなぎの養殖発祥は
静岡浜名湖からでした。

明治33年ですから
120年ほどの歴史があります。

**********************************
うなぎ養殖の北限地は
新潟県阿賀野市
**********************************

さて
ここ新潟県でも「うなぎ養殖」が
3年ほど前から始まりました。

始めたのは
業務用製麺メーカー「めんつう」の
今は亡き羽田会長さんでした。

始めるきっかけは

ご自身が病気療養中に
テレビを見て

「これからは、うなぎだ‼︎
と閃き

私財を投げ打って
事業をスタートしたそうです。

しかし残念ながら
養殖が始まる直前に

それを見ることが出来ずに
この世を離れられたそうです。

また
地域社会への恩返しを込めて
安田地区の《瓦》をアピール
したいという思いから

現在の『瓦テラス』の構想が
生まれた経緯があるそうです。

**********************************
阿賀野市は
鰻養殖に最適な《水》
が存在する!
**********************************

うなぎは
大変デリケートな生き物で

ちょっとした
水温や水質の変化で

すぐに病気になったり
死んでしまったりします。

かろうじて育ってくれても
「水」が悪いと
美味しいうなぎには
育ってくれません。

これほど
うなぎの養殖には 
「水」が重要で

「最高レベルの水質」

「最適化された水温」 が求められます。

「水」により
育つ鰻の質(味)が決まってしまう
と言っても過言ではないそうです。

幸運なことに阿賀野市には

そんな最適な《水》が
存在していたわけです。

**********************************
夢は
新潟県に《鰻の食文化》
を根付かせること
**********************************

うなぎ養殖を運営する
(株)あがの夢コラボ
の女性社長さんが

上記の言葉を
おっしゃっていたのが

とても印象的でした。

商品名の《あがの夢うなぎ》も

この思いからの
由来ではないでしょうか。

なぜなら
新潟県のうなぎ消費量は
全国最下位から2番目。

それを上位に上げたい!

そんな《夢》が込めらた《鰻》です。

皆さまも機会がありましたら

『あがの《夢》うなぎ』を食べに

『瓦テラス』に
足を運んでみては
いかがでしょうか。

**********************************
★瓦(かわら)テラス

* 住所
新潟県阿賀野市保田7373番地1

* 営業時間

レストラン11:00~15:00

カフェ10:00~17:00

ショップ10:00~17:00

* 定休日:毎週木曜日

* 電話番号:0250-47-8530
**********************************
新潟県阿賀野市産「あがの夢うなぎ」
新潟県中小企業家同友会
食部会・企業訪問例会@瓦テラス
【動画編】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
動画にまとめて見ました!

**********************************

海鮮お食事処&海鮮居酒屋
居食亭ほうせい丸

〒957-0127
新潟県北蒲原郡聖籠町藤寄2321-4
(新々バイバス東港ICすぐ横)

TEL ‪‪025-386-3587‬

【営業時間】

ランチ AM11:00~PM3:00(LO.PM2:30)
ディナーPM5:00~PM10:00(LO.PM9:00)

定休日:基本【無休】です。
**********************************

関連記事

ページ上部へ戻る